楽響



U guys ready for 桜?

科学とは
数学の理論に基づき、その仮定に由来す。

数学は、数字という”仮定”に基づき、
例えば、
我々が言葉を発し、その音を相手の鼓膜に伝える会話のような、
無毒極まりない発展的例え話である。

しかし、科学は、
その人間だけが勝手に作った数学の延長線上の想像において、
あらゆる生物が存在する共有すべき地球に関し、
あさはかにも我々一種のみにおいて乱用し、
勝手に応用するという実験をしているとものと言える。

小学生時代、理科の時間、こぼした液体を雑巾で拭いたら穴があいた。
硫酸だった。
普段の生活においてあり得ないことが起こる。
数学で雑巾に穴を空けることはあり得ない。
言葉で雑巾に穴を空けることはあり得ない。

我々の都合の延長線上において、
我々の尊ぶ鱒族は
我々が呼吸するように、科学の負の一部を我知らず体内に取り込み続けている。
これは
未だかつて無い人類の汚点である。
よりよい快適な暮らしを求めた結果
獲物を得る目的すらもたない、ただの実験の失敗になりくだった。

ただ生きる為に他を殺し、食べる、
この単純なことさえ、
科学は不可能にした。

猿が人間に進化したと言う。
しかし、
何故、今なお、猿のまま生活する種があまたにあるのか?
突き詰めれば、何故単細胞の生物が太古からその姿のまま存在するのか。
彼らは発展の途を予見し、否定し、
単純な姿であることを効率的と判断し、保持したかも知れぬ。

さて、
我々と単細胞生物、
どちらがこの先、生き残る数において優れているだろうか。


そんなことを考えつつ、

いざ、

雪代押し寄せる川面を流れる、
散った桜の花びらの下に潜むであろう、
尊ぶべき存在との出会いに期待を。
f0167000_0403958.jpg

[PR]
by rakkyouh | 2012-04-04 00:42
<< 日光茶鱒 楽響番外編「ある獣に関してのロマン」 >>


気品溢れる鱒族を求めて。自己満足型随筆集
以前の記事
2017年 04月
2016年 12月
2016年 02月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 06月
2008年 05月
お気に入りブログ
その他のジャンル
最新の記事
2017 中禅寺初詣
at 2017-04-03 22:08
新潟 荒川の鮭
at 2016-12-11 22:59
アシストフック美学
at 2016-02-20 19:20
過剰な道具と夏の終わりの中禅寺
at 2015-08-30 18:15
ALASKA
at 2015-08-16 17:49
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧