楽響



SIN surfing

ふと思えば、修行のような釣りは自己研磨に通ずるものがあり、
その研磨は、万事に通ずるが如く感じる時がある。

ふと万事に通ずると気付いた自己の中の確信は、
新たな未経験の厳しさにより打破され、自信が羞恥へと変化する。

その羞恥の後に、人は新たに、万事に通ず、斬新な手法を生み出すのだ。

この精神の反転は面白く、おそらく浮き世を去るまでの輪廻である。

「釣輪廻」の途中、考え抜いた手法を実行し、狙った獲物を仕留めた時こそ、
 唯一、他人へ自慢すべきタイミングである。
 このとき手法や獲物が凡庸・偶然では、大きく意味をなさない。
 己が出したアドレナリンの量が、
 成果を知った他人のアドレナリンの量に比例するからだ。
 いかにロマンチックドラマチックか。

輪廻と精神の抑揚を例えれば、時間軸に従ってテンションがsinカーブのように上下していく。
無輪廻の人間の精神は、横軸の直線である。

上下のピークは、自己中心的な志の高さ。
ふと訪れた自慢タイムの後は、グラフを新たに、ピークを上げるのが研磨だ。

sinカーブに乗った釣り人間は、ただ一方向へ流れていくことよりきっと、
多少辛くても数倍楽しいのだ。
[PR]
by rakkyouh | 2009-03-05 00:16
<< アニミズム。 タイムスリッピング! >>


気品溢れる鱒族を求めて。自己満足型随筆集
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
最新の記事
2017 中禅寺初詣
at 2017-04-03 22:08
新潟 荒川の鮭
at 2016-12-11 22:59
アシストフック美学
at 2016-02-20 19:20
過剰な道具と夏の終わりの中禅寺
at 2015-08-30 18:15
ALASKA
at 2015-08-16 17:49
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧