楽響



放浪鱒の昔話

通りすがりの放浪鱒に聞いた

それはそれは昔のお話です




昔々のことでありました

とある山の上の大きな湖に

一匹の大きな大きな鱒の鱒太郎が暮らしておりました


幼いころから大きな身体でスイスイ泳ぎ

大人でさえも鱒太郎にはかないません

なにしろそんな鱒太郎のことですから

えさの捕まえ方もミルミル達者になり

ほかの誰にもできないような見事な動きでえさを捕まえます

周りの鱒たちもその見たこともない動きにたいそう驚き

みとれております


そんな驚く鱒たちをみたものですから

鱒太郎は得意になるのも当然です

ある日

「ようし、もっとどんどん上手になって驚かせよう」と

見たことのない動きの練習にはげみました

何年も何年も

えさを捕まえながら

身体をひねったり

グルグル回転したり

上に向かって跳ね上がったり

それはそれはもう種々の技を身につけていきました


もとより鱒太郎は

一つのことに打ち込む気質でありましたから

えさを捕まえては

ああ上手くいった

ああ上手く行かなかったなどと

毎日のように考えて

次の日のえさの時間に臨むのでした


そんなことですから

お花見や七夕や十五夜の月の日などの

湖中の鱒たちのあつまる宴会などにもいくことがありませんでした


鱒太郎のいない

とある宴会の話に聞き耳をたてますと

やれあの鱒の夫婦に子ができたよ

とか

狐岩の鱒吉がなくなったよ

とか

今年の熊岬ではいつもより小魚が多くいたよ

とか

狸浜で鹿の足を初めて見たよ

とか

それはそれは楽しい話で盛り上がっております


一方

鱒太郎の方は相変わらず

今日の朝の動きは

ああした方がよかっただとか

こうした方がよかっただとか

一人大きな岩の下で考えながら眠りにつきます

その体は他のどの鱒よりも

はるかにはるかに大きくなっておりました


湖中の鱒たちは

催しごとなどを通じて皆仲良しです

朝や晩などのあいさつも

なんだかんだとついつい長引きます


一方

鱒太郎の方は相変わらず自分の鍛錬に励みます


ただ

周囲の鱒たちはもう

鱒太郎の変わったえさの取り方を見ることに

とっくのとうに飽き飽きしておりました


ですから

鱒太郎の方も

もう周りの目を意識することもなく

いかに自分の思い描く動きが出来るかに必死になりました


そういう時間が続きますと

ますます鱒太郎と話の合う者がなくなりました

そこそこ素早い動きでえさをとる者なども

あまりにも尋常とかけ離れた鱒太郎の動きには

いくらなんでもついていくことが出来ませんし

どうしたらいいのかと教えてもらっても

鱒太郎の話は難しくてさっぱりわかりません


鱒太郎はついに引っ越しました

誰も住まない

えさをとるのがとてもとても難しい場所です

新しい動きを身につけるためです


鱒太郎は孤独になりました


ある夜

眠りにつこうとすると

はるか遠くから宴会の声がかすかにかすかに流れてきます

鱒太郎はウトウトしながら

ああ

これほどえさのとりかたを突き詰めることが

果たして自分にとってなんだったのだろう

周りの普通の鱒達はあのように楽しそうに生きているではないか

いっそ自分もあのように生きればよかったのではないか

そんなことを考えながら

いつの間にか眠りにおちておりました


とある年のことです

毎日のように激しい雨が降り続きました

毎日のように湖の水は増え

毎日のように強い風が吹くものですから

湖の水はかき混ぜられて全体に茶色く濁り

何も見えなくなりました

そしてとてもとても寒いのです


えさがすっかりとれなくなりました

かつて鱒太郎の住んでいた近くの鱒たちは

すっかりやせてしまいました


しかし遠く離れた岬の鱒太郎はどうでしょう

まだまだ新しい動きを考えたり

誰もいかないような未知の場所に行ってみたり

ありとあらゆる方法を使って

十分に食べることができました


あるとても寒い夜

鱒太郎のもとに一匹の鱒がやってきました

はじめはわかりませんでしたが

よく見れば昔の住処でよく遊んでもらった老翁鱒です

とても痩せています

そしてその後ろには昔の住処の見慣れた仲間たちがついてきます

彼らもとても痩せています

老翁鱒は

どうか我々を助けてくれと鱒太郎にお願いにきたのです


次の日から

鱒太郎はみんなのために必死にえさをつかまえました

来る日も来る日もつかまえました

鱒太郎の動きは何かに取り憑かれたように素早く冴え渡り

毎日毎日信じ難いほど多くのえさをつかまえました

そうして

仲間達はすっかりもとのように元気になりました


ある鱒は当時を思い出しながら

いったいどうするとあのように動けるのかさっぱりわかりません

まるでそれは怒り狂ったけもののようであり

一方でとても神々しく神聖で美しいものでありました

などと言っていたほどです


月日が流れ

湖もゆっくりと元の姿に戻りつつあります


ある月夜の晩

鱒太郎は老翁鱒と並んで眠りにつきながら

ゆっくりとゆっくりと語りかけました


己のために技を磨いていたときはわからなかったが

きっと技とは誰かのために使って初めて役に立つのだ

技を磨く時間が長ければ長いほど

大きな力を出すことが出来る

その過程で私は心が折れかけたが

それに耐えてきた甲斐があったものである

一方で

小さな技をたくさん使う者があることもわかった

彼らは普段からコツコツと誰かの役にたっているからだ

おそらくこの世は

足すことも引くことも出来るようでありながら

太古からすでに

全体を見れば凸凹のない

おおきく満たされた一つの輪なのであろう


老翁鱒は

夜空に浮かぶ黄色の三日月を

半分に閉じた薄目に眺めながら

うっすらと笑い

眠りにつきました


[PR]
# by rakkyouh | 2015-06-26 22:41

2015 中禅寺

今年初の中禅寺湖。

昨年などの経験から、徐々に暖かくなった日は、
「岸際をミノー」でレイクが釣れると確信。

本日実践である。
夜明けから始める。

軽く15メートル程を投げてゆっくり巻く。喰い付くのは岸際スレスレのはずだ。
なんと数投目でバイト!しかし外れる。反転した姿はおよそ50センチ。
場所はスプーンが沈めにくいカケアガリの遠い所を選んでいるので、
やはりスレていない。
移動しながら試せば、すぐさま50センチ、今季初レイク。
その後も移動しながらミノー、結果、2、3回喰い付くも、すぐバラし。
全て岸から5メートル程。
岸際レイクが場所を問わず結構いることが確認出来た。

昼寝の後は気温がグイグイさがり、魚も私も低活性モードに突入。
通常のスプーンで4時迄粘るも何もなし。

ひとつ気になったのが放射線量である。
ガイガーカウンターで場所ごとに適当にチェックしているが、
ほとんどの場所で大したことがない。
しかし、今回、一カ所だけ高い所があった。
また、20メートル程離れたら全く問題ないといった感じ。
そんな所に一日中ずっと立っているのは嫌なので、スタコラサッさと離れる。

放射線なんて気にしないか、あるいは自分で基準をもって対処するか、
ここでは魚釣りと切っても切れない問題である。







[PR]
# by rakkyouh | 2015-04-04 22:11

浅場の鱒だけど。

どーも。浅場の鱒ですけど。
俺ら浅場に住んでるだけあって、結構人間みんだよね。

なんか色んな奴いるよ。
自信ありそうな顔して釣り始めて、鼻息荒くて、根がかりしたら悔しそうな顔して。
だんだん顔がつらそうになんの。こっちは全部見えてんだけど、
舌打ちしたり、乱暴に竿振ったり。奴らの仕草笑えるよね。

あとは、神妙な顔して釣り始めて、時々景色みて満足そうな顔して、コーヒー飲むの。
何しにきてんの?釣り?観光?

あとは、ホントよく見る奴。一回だけ若い奴が釣られちゃったの、そいつに。
そしたら今日で5回目かな、ずっと同じ動作を一日中続けてたの。疲れないの?

あとは、俺らが寝てるときだけ釣りしてる奴。
だいたい釣れない時間とか何回か来てたらわかるでしょ?寝てんの。みんな。

あとは、
あ、やべ、湖底の奴らが上がってきた。
なんでかわかんないけどあいつら絶対に釣られないんだよね、図体ばっかでかいのに。
あいつらくるとまともな食い物なくなっちゃうから先に食っとこ。

まずはそこの稚魚から。

あ!、痛ってー! 

しまった......。

[PR]
# by rakkyouh | 2015-01-29 23:35

湖底の鱒より。

皆様ごきげんいかがでしょうか?

わたくし山上の湖底に住む鱒でございます。


ひとつこの場をお借りして

わたくし達、鱒族の研究結果をお伝えしたいと思います。

鱒族の研究といいましても、我々のことではありません。

あなたがた人間についてでございます。


きっかけでございますが、冬場の湖の奥の方など

それはそれは寒いもので、湖岸は深い雪に覆われ

なかなか人間など訪れてこないものでございますが、この冬

一人の人間がこの場を訪れ、自ら湖へと入り命を絶ったものですから

人間が沈んできたことに一同たいそう驚いたものでございます。


皆様ご存知ないことと思われますが

生来我々湖底の鱒族は研究が趣味の生きものでございます。

一方で、暖かい浅場を好む鱒たちには陽気な者が多く

我々と同じ姿ではありますが

性格的に、深場の者たちに比べれば

研究好きなものはほとんどございません。

皆様が魚釣りで触れ合うものの多くにはそのような

浅場の特性があるものでございますから

鱒の趣味は研究だ、などということは

皆様的には想像すらできず

ますます疑い深い事象と思われますものでございますが

地上と湖底、お互い接する機会のない深場からの告白ということで

どうかひとつ

かりそめのうちにでも目を通して頂けると幸いでございます。


我々はまず、落ちてきた標本の外観の観察からはじめ

細部の解剖へと移行し

特徴的部分を抽出し、それらのまとめを行った次第でございます。

我々は皆様のように科学を扱うことがございません。

ではそれが何かと聞かれれば

我々の言葉にあり、皆様の言葉にないものでございます、

それもこれも人間と鱒の違いでございますが故

どうか面倒がらずに聞いていただきたいことと思います。


特徴でありますが、あなた方の脳のなかに

素晴らしい事象がございました。

我々に存在しない事象でございますが、あなた方には存在する、

しかし、

あなた方が未だ発見に至らず、

我々が先んじて知ることになった部分でございます。

2つございます。


1「恐ろしい速さで情報伝達をする能力がある」


あなたがあることを考える、そのとき

脳の特定部から物質が噴出され

器官を通さず、直線的に外界に飛び出す、

大きさで言えば陽子の数千分の1の小さいものにございます。

これらの飛散先は自由であり、すぐさま消滅するものでございますが

例えばあなたの周囲に同じ人間がいる限りにおいて

相手の脳の特定部、すなわちあなたの脳と同じ部位に

それはもう一目散に伝達するものでございます。

このときの時間は0.000000............と

少数点の後に0が数十個程続いた時間なものですから

現在あなたがたの科学では、光の速度などと申しますが

人体が相手では計り知ることもできない速度でございましょう。

何か視線を感じて顔を向けると誰かと目があう、あるいは

同じ曲が2人の頭の中で無意識に流れていた、

これらの現象は我々のみに証明が可能な現象なのでございます。

個体同士が、同じ脳の同じ部位を刺激し合うのでございます。


*細かくみれば、当然のことでございますが

脳の構造はそれぞれの個体で異なるものでございます。

説明のために脳内を例えることにいたしましょう。

幼き頃からローマ字のDを活性化してきたものは

その部位が周囲を侵略し成長し

ABCDEFGHIJ…⑴といった平均的な脳に対し

ABDDDFGHIJ…⑵と進化するでありましょう。また別の者は

ABCDFFFHIJ…⑶といったFの活性となりましょう。

この差は個体の違いとして現れ

例えば、平均的な脳⑴からC,Eの伝達物質が飛び出せば、

上記のD活性の脳⑵にはCの場合のみ伝達し、後者⑶はEのみ伝達する、

こういった事象がありますがゆえ

あの人は合う合わない、あるいは、あの人に惹かれる、といった関係性が

存在するのでございます。



2.「脳エネルギー/身体エネルギーの比例について」

人間には痩せる、太る、

色々な身体的変化がございます。

(生来の特性は除かせていただきます)

食料から摂取したエネルギーに対し

ここでは脳のエネルギー使用量について述べたい次第でございます。

身長、体重、他、見た目の全く同じ二人がいたとした場合でございますが、

同じ食事をしたら、全く同じ変化が観測されますでしょうか?

我々の研究結果から導きだされる事象でございますが

食後、二人の同量の運動後において生じたエネルギー消費の差は

それはつまり

脳のエネルギー使用量によるものでございます。

脳を使う程エネルギーを消費するのでございます。

さて

このことから考えると

日々に慣れ親しんだ運動をしている限り

エネルギーの使い方にも慣れるものでしょうから

慣れるほど消費しなくなる。

その分が身体の消費につながり

運動量も変化しなければ、身体に蓄積されることとなりましょう。

対し、一定エネルギー摂取において、脳のエネルギー量を増やし

運動量を変えなければ、身体に蓄えられたものが

減っていくものでございましょう。

そんな理屈でございます、

痩せたい方は脳のエネルギー使用量をこれまでより増やす、

太りたい方は減らす、

そんなところでございます。



以上、

こちらはまことに冷え込みがきつい夕べでございます。

饒舌になるのもこの辺といたしましょう。

それでは皆様、またの機会に。


[PR]
# by rakkyouh | 2015-01-21 23:06

科学と心理

やる気のある人間が一人いたとする。
その対象に関し、志をともにして、やる気の起こる人間が出てくる。

この場合、
言葉を介すか、行動を介すか、何れにせよ、相手にやる気が伝わったことは間違いない。
これは熱伝導率の高い相手を意味する。

逆に、
その対象に関し、全くやる気の伝わらない、冷めた者がある。
これは熱伝導率の低い相手だ。

熱伝導率とは何によって決まるか?

相手の興味の対象である。
そこに共通する志があれば伝導し、
逆に、
異なる興味が湧いている状態であれば、伝導しない。

例えば、
太古において、
集落の食料がなくなり、いざ未踏の荒野へ踏み込む。
一声音頭が掛かれば、皆一同に槍を天にかざすであろう。
現代において、
生きるに必要十分な生活を送っている。
いざ、仕事において、いざ困難な事象に立ち向かえと音頭がかかる。
一か八かのような指令に対し、その結末をそれぞれが予測する。
ある者は高揚し、ある者は躊躇する。

太古のスタイルであれば、
皆が同じ困難を抱えるため、伝導率は高いだろう。
現在のスタイルであれば、
経営に関する困難が、末端の従業員の生活と即座に連動しないため、伝導率は半々だろう。

では、現在の場合にはどうすればよいか?
これはもう立場の上の者が、末端に強制するしかない。
強制された大衆は、ポジティブあるいはネガティブな意見をもつだろう。
これがエネルギー保存の法則である。
ポジティブな領域があればあるほどネガティブな領域が比例して発生する。

太古においては、食うことが出来ないという集落全体の負荷エネルギーの対価として、
未踏の地に立ち向かう正のエネルギーが発生する。
現在においては、人間の食欲に関して言えば、
何も不自由しないという正も負もない0のエネルギー状態にあり、
波風を受け入れ難い状態にあると言える。

ということは、101人いたとして、
そのなかの1人が強烈な意志を宣誓すれば、
50人が正のエネルギーとなり、
50人は負のエネルギーとなるのだ。
量で言えば、51の正と、50の負が等しい。一人一人では、負の方が大きい。

では、負の50人を動かすにはどうしたらいいか?
これはもう、101人が全て、食うに困る瀕死の状態になること以外にないのである。

よって、
そのような状態になってこそ、
101人のフルパワーが発生すると言える。

逆に、
上手くいっている状態にあると、
上記の通り、半分の力しか出せないのである。

この観点からいくと、
会社に例えれば、
上手くいっているときは、ピンチの後に101人が力を出し切った結果であり、
上手くいかないときは、これからピンチになり、101人が力を出し切る状態になる。

これはサインカーブに例えることが出来る。
サインカーブも、正と負をみれば、足す引く0。

どちらが面白いかと聞かれれば、ピンチだ。
ピンチを乗り切る音頭を取れたら、ピンチの状態にある場所に移動する。
これが正のエネルギーを湧かし続けるものの宿命か。

以上から、
科学と心理はお互いに何かありそうなものである。
ポジティブな捉え方をすれば、役に立ちそうである。
もっと色々考えてみよ。



[PR]
# by rakkyouh | 2015-01-12 22:23


気品溢れる鱒族を求めて。自己満足型随筆集
以前の記事
2017年 04月
2016年 12月
2016年 02月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 06月
2008年 05月
お気に入りブログ
その他のジャンル
最新の記事
2017 中禅寺初詣
at 2017-04-03 22:08
新潟 荒川の鮭
at 2016-12-11 22:59
アシストフック美学
at 2016-02-20 19:20
過剰な道具と夏の終わりの中禅寺
at 2015-08-30 18:15
ALASKA
at 2015-08-16 17:49
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧