楽響



<   2016年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧


新潟 荒川の鮭

毎年冬の恒例行事、鮭である。
昨年までは程よく冬の寒さを感じつつ、晴天に恵まれ、
かつ、釣果の方も
釣獲調査という名目に十分役立つものであった。

しかし今回の釣行においては
自然はかつてない、あるいは本来の手荒さで我々を包み込み
かつ、鮭においても、
歓迎の手法を手荒く、厳しくすることで
参加者達の会話の端々に
"修行"という言葉を使わしめたのである。

金曜深夜に出発。
天気予報は1mmの雨か雪、強風。
雪の関越を越えれば、どんよりとした重たい雲に
ところどころわずかに見える空。
パチパチとフロントウインドウを叩く霰。
受付に到着し、車のドアを開ければ、
ヌクヌクの体を一瞬で凍結させる強風。
厳しさが容易に想像出来る。
朝の受付時の案内では、増水の影響があり、
希望者には来週への変更も可能とあった。
釣り用語に訳せば、釣れない、ということか。
朝7時、釣開始。
まずは昨年いい思いをした場所に入る。
水が多いということだが、そのせいで濁りも強い。
昨年に魚が溜まっていたところをゆっくり流す。
いれば数投で何か起きるはず。しかし、
いつまでたっても何も起きない。加えて、
対岸や並びの参加者達にも何も起きない。
通常であればそこかしこで水飛沫が上がっているはずだ。
見上げれば、鳥の群れは風に逆らい必死に羽ばたいている。
ほとんど進まず、喘ぐような鳴き声が長時間続く。
風は下流側から波を逆立てながらゴウゴウと吹き、
糸は弓なりにおおきく弧を描く。
ときおり霰が顔面を打ち付ける。
数時間粘るが、何も起きない。周囲でも何も起きない。
移動。何も起きない。移動。何も起きない。
昨年までは産卵を終えて力尽きた者達があちこちで見られた。
今回に関しては一つもない。
また、鮭自体の姿も全く見えない。

夕方4時の調査終了まで、結局何も起きなかった。

翌日。
恒例として、帰路を考慮し昼には切り上げる。
半日の勝負。
水は減ったが、相変わらずの風と霰である。
しかし今日は手法を決めている。
入る場所には人がそれほど多くない、ゆえに
起点から一投一投釣り下り、
産卵床を作り停滞している者を狙う。
下るだけ下ったら、一箇所に留まり、
同じコースをひたすら繰り返す。
遡上する者との奇跡、運命の出会いを待つ。
かくして、
いざ第一の手法に入る。
途中、対岸の延べ竿師が釣り上げた。
いないのではないかというネガティヴな見方が消える。
しかし、釣り下り、下りきったところですでに残りおよそ一時間、
何も起きない。
時間が迫る中、根掛かりでルアーを失った後に、
リーダーを忘れたことに気付く。
仕方がないのでPEをスナップに直結する。
40lbのPEは、目立ち過ぎて不安になるが、
残り1時間の勝負、やむなし、
第二の手法に入る。
遠投。
同じところに投げ、同じところを巻いてくる。
単調だが、たまたま遡上する者がいれば、
たまたま掛かるという、運の釣り。
投げ続ける。単調、無考。
意識は次第に薄れ、動作のみが連続する。
残り時間もわずかになり、
釣って送るよ、と言っていた相手への言い訳を考え始める。
相変わらず風は強く、雲は黒く重い。
しかし時折その隙間から陽の差す瞬間がある。
そのとき、
リールを巻く手が止められる。
反射で強烈にあわせを入れ、糸を見る。
上流側に動く、根掛かりではない、
運命の出会いが来たのだ。
リールは6000番、40lbのPE、無敵。
相手を止めようと重心を後ろに。
普通のサイズなら、下流から巻き上げられる。
しかし、この相手は寄せられない、
右往左往のあと、強烈に下り始める。
締めていたはずのドラグがギャンギャンと鳴る、緩かったか、
しかし、強い!
川面に浮き出た障害物があるが、奇跡的に回避、
合わせてこちらは、岸際の枯れた背丈程の木々を、
竿を上げて避けながら岸を駆け下る、
この強さは
昨年のスレで掛かった92cmの雄よりも強い!
岸際に寄せる。
しかし、近付くと、再び沖へ走る。姿をみれば、90付近の雄、
ルアーは口にしっかり刺さっているように見える。
腹をみれば、赤いブナがしっかり見て取れるが、
背中は通常の者よりもシルバーに近い。
最近上がってきたものだろう。ゆえに、昨年のスレよりも強烈。
もう少しで岸にずり上げることが出来るが、
相手も抵抗する。
何度も繰り返し、そろそろ決着というとき、
目の前で針がスポリと抜けた.…
記憶には、
外れた勢いで上に跳ね上がるスプーンの動きが
スローモーションで刻み込まれている。

さようなら…

強烈なやりとりで針穴が広がったのだろう。
おまえの勝ち。立派。強かった。
正直、過去一番に悔しい。
と同時に、
こんな奴がいるのかという尊敬の念。
逃した相手と、その母川に感謝。
これを味わうと荒川鮭はもうやめられない。

来年は、掛かりやすさよりも、
抜けにくさを重視した針セットにしよう。

さあ、また来年。















[PR]
by rakkyouh | 2016-12-11 22:59


気品溢れる鱒族を求めて。自己満足型随筆集
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
最新の記事
2017 中禅寺初詣
at 2017-04-03 22:08
新潟 荒川の鮭
at 2016-12-11 22:59
アシストフック美学
at 2016-02-20 19:20
過剰な道具と夏の終わりの中禅寺
at 2015-08-30 18:15
ALASKA
at 2015-08-16 17:49
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧