楽響



<   2014年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧


桜鱒

PM21:00、仕事から帰り、そのまま出発。

AM6:30 赤川着。

川は暖かく、ほのぼのとし、ホケキョと鶯が鳴き、

岸沿いの流れには無数の桜の花びらが浮かぶ。

この季節感ある桜鱒という名は純粋で情緒があり美しいと思う。


さて、

AM10:00、四段、

隣でミノー使いがチラチラと見え隠れしていたが、1匹釣り上げたようだ。

風の向きが真逆に変化し、流れも海からの波が現れ、ベストの時合いだったのだろう。

こちらはそう思うとその後焦るばかりで結局何も起きず、その後眠くなる。


海方面に車を止め、釣り人を眺め、腹ごしらえをし、仮眠。

その後三段の少し下に入る。途中、四段の変化を味わおうと向かうも人で埋まる。

結局戻る。


潮時表をみると、次はPM2:30からの2時間、川が動きそうだ。

しかし時間を待ちながらもいつもの焦燥感に襲われ始める。

否、この時の忍耐こそが結果を変えるのだ。

回遊魚を釣るために、中禅寺湖で決めつけた一つだ。遡上魚も同様。

移動を決めた5秒後に、魚が通ることもあるはずだ。


いざ時合、風や川面が動き出す。

先ほど海方面を見たとき、ほぼ皆、ミノーを投げていた。

結果、こちらは今日の遡上鱒が見たこともないスプーンと心中だと決意する。


水中を流れる小枝が針に当たると、魚のアタリと酷似している。

しかもアタリが一日ないので、一体アタリはどういうものだったか分からなくなる。

不安になるが、とりあえず全ての小枝に必殺の合わせを入れる。


遠投し、沈め、そろそろ底波に入ったかと思われたとき、ゴリッゴリッという感触がある。

すかさず合わせる。何も起きず、巻く。

しかし、今回、手前3m迄巻いたとき、竿が突然、ギュッとしなり始める。

なんだこれは!明らかに魚である。

どこで掛かったのか、何が起きたのかさっぱりわからない。

すぐに強烈な引きに変わり、ドラグを緩めるのが一瞬でも遅れたら、どこかがハジけていただろう。

その後は、暴れると言うよりも行ったり来たりの綱引きのようになった。

何だかオカシイ。

何度も何度も繰り返す。ようやく魚が深みから現れる、何と何と!

尻尾から現れた!スレである…。動きの疑問が解決する。

不満丸出しの格好で取り込む。

複雑な気持ちだ。合わせを決めた感覚もなく、しかもスレ。

ただ、この魚はおよそ60cmの美しい桜鱒であった。

尻尾を引っ張ったことにより、体全体のラインによるダメージが皆無。

目を疑う美しさに一瞬見とれる。

針を外そうと、横に置いていたベストのペンチを取ろうと目を離したとき、

静かだった鱒は大きく暴れ、外れそうになかった針が小石の上に。

さようなら。

複雑な心境になる。

釣ったと言えない結果に逃げられる始末、対比で思い出のなかで大きく美しさを増す魚体。

良かったような悪かったような。

思い出に去り際に落ちた数枚の鱗を記念に残す。




再開。

自分の思う理想の戦いとは、流芯でアタリを得、

必殺の合わせをし、長距離のファイトを堪能することである。

対岸近くで先ほどから小魚が時々跳ねる。

ちょうどそちら側に人の姿がなくなったので、相棒チヌーク25gの出番である。

先程の葛藤を拭い去るため、青銀から赤金に色を代える。

ワンステップの助走つき遠投。川幅8割はいったろう、満足。

着水後すぐに巻き始める。

瞬間、無意識がアワセを入れた!最高の遠距離である。

引きを感じたときにはもう、アワセた意識は飛んでおり、覚えていない。

強い。

手元に伝わる動作のキレが凄まじく、竿先はかつてなくカリカリと動く。

理想通りの展開に嬉しさがこみ上げる。

意識の8割を魚に使い、妙だが、残りの2割はどんなアワセをしたか思い出そうとか、

テレビでみたサクラの引きとの比較とか、喜びを満喫しようといった意識に使っていた。


ようやく手前5mまで寄せる。


ここで前代未聞のショーが始まった!

目の前の魚が0,2秒で5mワープする感覚。

瞬間の横移動、跳び上がり、潜り、走り、消え、瞬時に現れる。

なんだこれは!

あまりにも強い。

隙をみて瞬時にドラグを緩める。

0,1秒でどれだけのトルクを噴出するかわからない。

一瞬でどこかがハジけそうな感覚。

そして、永遠に続く感覚。

一瞬、魚の顔を見る、幸い針の抜ける感じはない。

動きに追従するため、9,3ftの竿を、クライマックスの指揮者のように振り回す。

左手は一瞬で起きる多量の糸フケを高速で巻きとり、ハンドルノブのキャップは飛び出してくる。


長くすさまじい抵抗の後に、ようやく疲れ、竿の動く通りに寄ってくる。

デカイ。

網ですくう。さっきと同じ失敗がないように、深く入れる。

急いで岸に上げようとすると、魚が暴れる、飛び出した!

まてまて、両足を使い、なんとか水際で止める。

毎度ドキドキだ。網が浅いことに気付かされる。


魚を見る。目を疑う。

この魚は、なんとも不思議だが、サクラらしくない。

釣り雑誌で見る感覚や、先程の60付近のものと比べ、明らかに違う。

美しい、華麗、純銀の、等々の比喩は、

まるで人生をおとぎ話に例えたような、それを知った後に受ける違和感を感じる。

威厳、風格、勇猛、英知、重厚、鋭利、

ここまでの鱒を見ることは想像していなかったし、何かへの比喩にも困る。

69cm、胴回りの太さは大人の太腿ほどもあった。

f0167000_23101086.jpg
f0167000_23161127.jpg

このとき、

この川が何故これ程人を惹き付けるのかを理解する。

川の見え方がこれまでと一変する。

流れは雄々しく、神々しく、水は強く、空気が張りつめた。

姿勢を正す。


水に帰す。

この鱒は生きるべきだと即断できた。


古人が魚編に尊いと描いた気持ちへの共感が、これまでより一段、深くなる。

尊さは、山深い渓に住む清潔で華麗な姿を現したと同時に、

かつて人が狼を神と見立てた様に、崇拝的なまでの凄みをも含んでいたのだ。

f0167000_23183755.jpg

追記

「手みやげにもう少し小さいものを」と次の日も行ってみたが、

 川は普段のままであった。


[PR]
by rakkyouh | 2014-04-29 23:32 | トラウト


気品溢れる鱒族を求めて。自己満足型随筆集
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
最新の記事
2017 中禅寺初詣
at 2017-04-03 22:08
新潟 荒川の鮭
at 2016-12-11 22:59
アシストフック美学
at 2016-02-20 19:20
過剰な道具と夏の終わりの中禅寺
at 2015-08-30 18:15
ALASKA
at 2015-08-16 17:49
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧