楽響



<   2012年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧


Thanks!

こんな渋いプレゼント。
これは生涯使うのだ。

f0167000_22193328.jpg
f0167000_2220456.jpg
f0167000_2220010.jpg

f0167000_22234480.jpg

金属削りだし!
男心をくすぐる、というかガリガリ削られる。


しかし、いかした切削表面と
ルアー表面とを喧嘩させるわけにもいくまいと思う。

底材セット。
ううむ。

まるでドイツあたりの歴史ある工業製品のようになったではないか!
永続的な空気感があり、かつ、永代的モダンさが漂う。


f0167000_22231310.jpg


Chinookセット。
シンプルで研ぎすまされたBOXのラインと
傷を負った戦士達との対比が美しい。


f0167000_22265625.jpg



とはいえ、この時期にこのセットは使わない。

季節に合わせて
冬期カンツリ修行用セット。

こ、これはまるで オセチ料理!あるいは Snap-on tool box!
精緻さと遊び心が溢れ出んばかりではないか!
た、楽しいぞ!!このカンバス!



f0167000_22285773.jpg


永く大切に、かつ、渋い味をさらに引き出せるよう、使わせていただきます、
ほんとありがとう!Thanks!
[PR]
by rakkyouh | 2012-12-24 22:45

salmon

雪残る新潟。
みぞれと暴風。
開始とともに下がり始める気温。
厳しい。

果たして鮭釣りとは
毎回ある種の懺悔の気持ちを持たされるのだが
今回も例年に習い再び思いを決める。
釣りせぬ人は言う、
せっかく川まで昇ってきたのに、あるいは、もう少しで子孫の繁栄が出来たのに。
しかし
皆が食す鮭、すなわち
鮭の切り身、おむすび、その他もろもろ、盲目に料理のジャンルの一つとされているそれらは
実際にどのようなものから成り立っているのか。
その実践的再確認行為。
そして
我々人間以外の生物達が受けるべき恩恵の再確認。
そして
この人為性のもたらすマイナス付加的な結末。

f0167000_22273193.jpg


f0167000_2228399.jpg


f0167000_22281629.jpg

[PR]
by rakkyouh | 2012-12-15 22:35


気品溢れる鱒族を求めて。自己満足型随筆集
以前の記事
2017年 04月
2016年 12月
2016年 02月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 06月
2008年 05月
お気に入りブログ
その他のジャンル
最新の記事
2017 中禅寺初詣
at 2017-04-03 22:08
新潟 荒川の鮭
at 2016-12-11 22:59
アシストフック美学
at 2016-02-20 19:20
過剰な道具と夏の終わりの中禅寺
at 2015-08-30 18:15
ALASKA
at 2015-08-16 17:49
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧