楽響



<   2009年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧


未来と過去の狭間。

f0167000_22553226.jpg



何事もなくルアーを投げ、巻き続け、数時間後、ふと魚信を得て、合わせる。
魚信を得て、合わせた喜びを感じた瞬間、合わせた事実はすでに過去となる。
合わせとは、なんと刹那的かつ瞬間的かつ秒殺的な喜びであろうか。

合わせた後は、魚を手元に寄せ、網に入れるまでの時間が待っている。
長いこともあれば、短いこともあり、稀なケースでは魚かどうか手元までわからないこともある。
元気に暴れる相手もいれば、素直に寄ってくる相手もいる。
このとき、概して我々は緊張、あるいは余裕、いずれかの境地に立たされる。
ゆとりのある相手であれば、我々の脳のアドレナリン分泌量は少なく、冷静である。
対し、ゆとりのない相手であれば、アドレナリン分泌量は最高潮に達し、
喜びを噛みしめる暇など一切なく、魚の動きに合わせ反射神経のみで対応する。
網に魚を入れた瞬間、魚を釣ったという事実は過去になる。
巨大魚とのやり取りとは、なんと無意識的かつ刹那的喜びであろうか。

日々考える、巨大魚と対峙する自分を考えると、
まず希有なアタリに上手く合わせた瞬間、喜びを感じる前にアドレナリンが大放出され、我が脳は
火事場の反射神経やり取りモードに変換され、コンピューターのように身体が動き、目や腕から入る魚の俊敏な動きの情報に瞬時に対応していく。
喜怒哀楽の入る隙は一切ない。逆に入る隙があるようであれば相手に取って不足があると言える。火事場の反射神経に追い打ちをかけるのは、魚が見えた瞬間だ。
このときアドレナリンの2次放出が始まる。
魚のサイズを視覚的に判断し、来るべき釣果が具体的に示されるからだ。
2次放出の後、魚を寄せ、網を入れ、掬う。
このとき、アドレナリンの後遺症で、まずこの釣果が現実かどうかを脳は判断出来ない。
魚を見ても、イマイチ魚かどうかよくわからない。徐々に脳が回復し始めると、
回復に使ったエネルギーにより、身体が震え始める。
手足、身体、寒くもないのに。
そして、震えが収まる頃までには、写真を撮ったりして、すでにリリースしている。
震えが収まると、ようやく意識が元に戻る。

後日思う、俺は本当にこの写真の魚を釣ったのであろうか?
写真は当時を蘇らせるが、反射とアドレナリンに明け暮れた脳は、
イマイチその時を思い起こさせるのに難がある。

よって、釣りとはまさに未来と過去の狭間の、
ごくごく一瞬の意識の切り替わりの狭間を楽しむ為の、
超刹那的ストイックな遊びであると言える。
[PR]
by rakkyouh | 2009-05-28 23:07

魚拓3

f0167000_1516279.jpg

中禅寺湖 13番から金谷ワンド寄り

5/16 2009  am 6:00

レイクトラウト 50 cm 


f0167000_15165444.jpg

f0167000_1517293.jpg


「回想」

サクラ捕獲を達成し、慢性的五月病。

しかし今日も行くのだ、折れた竿が治ってきたから。

今日はどこへ入ろうか迷った。
寝る前に悩み、高速を走りながら悩み、釣券を買って悩む。
迷った挙句、時期的によさそうな国道側を走ってみる。取りあえず目指せ13番。

いざ国道を走り始めると、途中車だらけ・・・あ、あの人準備完了してる、・・・am 3:15。
とりあえず13番につくと、あいにくの満車。むむ、予想通り・・。
ちょい先に止めて、取りあえず準備をはじめる、どうする俺・・。

ふと、下にあるであろう砂浜から

「バシャン!」

「ゴボッ!」

ああー!おおー!

準備加速!

暗い。ヘッドライト良し!

砂浜に自己配置完了!

隣りから竿を降る音色が聞こえ始めたのでこちらも開始!
むむ、暗過ぎて見えぬ。

あれやこれやで

視界パーフェクトなam6:00。
ジグミノーをやけくそに飛ばしている時、
底取りした後に巻こうとすると藻でもない岩でもないガクといった感触、なんだこれ?
いちおう合わせてみるが外れる。根がかりか..。

再度同じ場所に放り込む。その距離4、50m沖の底。
またもやガク!合わせてみる。

むむ、これは本栖で掛けた2メートルの枯れ枝の感触。ちと小さい。1.2mくらいか。
湖流に乗ってるのだろう。しかしこれでは俺のハイパワーラインシステムには太刀打ち出来ぬさ。
竿をしゃくり上げては巻き、その連続。
今日はどれくらいの枝だろう。苦笑い朗らかに。
本栖と違い、ここでは駆け上がりを越えねばならない。
枝は間違いなく引っかかるだろう。きたきた、ガクガク。駆け上がり、パワーシャクリ、
ガク、スッー、おお、抜けた、よしよし。
そろそろ見えるぞ。
よしよし、何が付いてるかな?わくわく。
スプーンの付いた枝だといいな。バッハとかエミシとか。

我が長距離弾道ジグミノーが見えた、さてさてその先の枝は・・・、
うおああああ〜!レイクだ!!!・・・・。絶句・・・。

砂浜に打ち上げる。いいサイズ・・・。
またもや結果が出たものの過程が・・・。サクラの時と同じだ・・。

唖然。「レイさん、お願いだから引いてくれ」

撮影後リリース。観光客の方がたまたま通りかかる。レイクは砂浜に平行にゆらゆら。
「あれは何ですか?」「枝です」いやいや「鱒です」

場所を変える。

リフトフォールを繰り返すと、シャクリの瞬間ゴリっと感触!
竿先を確かめる。これは間違いなく魚だ!
引いてくれてる!ありがとー!!カモン!ウエルカム!

カリカリゴンゴン言うね〜、君、

そしてそこにはブラウンの姿が!美しい!40くらいか

ふふ、一匹上げてると余裕も出るもんだぜ、
トローリングの人もこっちをみてるぜ。

水面に顔を出させて拝んでやろう、そうしながら網を取ろうとすると、
バシャバシャバシャ!おい、そんなに暴れるな!まてまて、スカッ!ああああああ〜
[PR]
by rakkyouh | 2009-05-16 15:24

春蝉

f0167000_22541711.jpg

皆様ご機嫌如何でしょうか?
これからの時期、湖畔の皆様にお会い出来ることを楽しみにしております。
わたくし、春蝉と申します。

まずご存知のように、我々は地上に出ますと先が見えておりますもので、
それはもう、ひとしきり息の続く限り鳴き叫びまして、
まぶしい世界の中で青春を謳歌いたすものでございます。

そんななか、それはもう多くの者が地上に出ます故、
仲間の中には水面に落下してしまううっかり者がおりますものでございます。
彼らは下手をすると水の中から現れる魚に食べられてしまうものですから、
水面でもがきながら、魚を罵るわけでございます。
魚も勝手しったるものでありまして、目ざとく我々を見つけましては、
毎回罵りに怒りの色を伺わせつつも、我々を腹の奥に飲み込むのでございます。
我々に出来るのは、哀れかな、魚に怒りを覚えさせる程度のことでございます。

伝え聞いた話によりますと、昨年のことでございます。

ごく稀に、人間を目にする仲間がございます。
とある水面に落下した者が、これはしまったと後悔しながら、
バシャバシャと誰もがするように漂う魚を罵っておりますと、
何やら腹の下から硬い棒が迫ってまいりまして、空中に持ち上げられたそうでございます。
その後人間の手でございましょうか?ふとつままれますと、
後に聞いた話では釣り人のメッシュベストというものでございます、
そこに優しく据えられたとのことでございます。
見回すと周りには数匹の仲間がおりまして、
なにやら仲間は神を拝む様な安堵の目をしているではありませんか。
このときその者も、濡れた羽を乾かしながら、天を拝んだとのことでございます。

その者は、人間に何か恩返しがしたい、そう仲間と意気投合いたしますと、
感謝の歌をこの人間に聞いてもらおう、そう意見が一致いたしましたそうでございます。
内容はわからずとも、感謝の声を聞いて頂くことが大事だと。
そうしてベストの上から仲間と一斉に叫んだのであります。
「♪ お魚さん、ここにいても意味はなし〜♪ 」

そういたしますと、鳴き声に人間はふと笑みをこぼし、
叫んだ蝉達にだけは、周りで耳を傾けていた魚達が一斉に去って行く気配が感じられました。

結果に満足し、やがて羽の乾いた彼らは、
ゆっくりと飛び立ったそうでございます。


今年もひとつ、我々をよろしくお願い致します。
[PR]
by rakkyouh | 2009-05-11 23:04

卯の花腐し

f0167000_0135990.jpg

この時期降り続く雨を、ウノハナクタシと言うそうな。
気怠く憂鬱な梅雨に向け、
これまでの快活な新緑に勢いを頂戴した気心を、
”まずは、おひとつ”と、一段階下げるにはもってこいの雨を言う。

ところで、先月今月と数百キロに及ぶ高速移動を繰り返した私にとって、
澄んだ晴空がもたらす新緑は、数時間連続することにより瞬く間に私の目を飽きさせ、
それはそれは怠惰な印象を与えた。

今日気がついた。
いわゆる気分を下げるようなこの雨は、
実は目に飽きた萌えを消すべく、趣向を変え、鼻に風雅な樹木の香りを運んでくれる。
そしてその香りは様々な湖畔の風景を呼び起こし、この時期魅力的な立ち位置を連想させるのだ。

いざゆかん、日光連山。砂浜の続く湖畔の道を歩けばきっと同じいい香りがするだろう、
湖面が遠ざかり、樹木に囲まれた領域に踏み入れば、より豊穣な香りが燻るのであろう。
それらを経て、いざ目指した岩の上に到着すれば、おそらく過去の獲物を回想する。

解禁日の尺レイク、5月初頭の15cm。

さあ、いざ狙うは、
7,5cmのレイク・・・・・       南無。
[PR]
by rakkyouh | 2009-05-07 22:44

怒りと癒し。

 今度こそレイクを!
 目を血走らせて中禅寺湖に望むこと9時間、結果、沖底の15cmレイク1尾。
 彼は途中から抵抗する力を失い、藻のように針に付いて上がってきたのであった。
 ジグミノーは彼の体調の3分の2の大きさ。貪欲な小物であった・・・。

そんな一日の疲れを癒すべく、鬼怒川でヤマメさんに遊んでもらう日。
大谷川との合流地点に日中、悠々と出かける。

本日の目標
「8mの延べ竿を振り、緊張感のある極細糸でヤマメの快活な引きを味わうこと」

ポイントにはルアー、フライ、10mの長刀を振りかざす方々、色々いらっしゃる。
今日はカジュアルな長刀釣りをするため、本気ベストの代わりに、赤いデイパック。

さてさてと川の小石を裏返し、いるわいるわ、プリプリのクロカワ虫を大量捕獲。
仕掛けを作り、押しの強い流れの脇を流す。普段のルアーとは一味違う繊細さが堪らない。
流れきってのピックアップ寸前でのコツッとアタリ。おお、ヤマメちゃん!
しかしこれは手も竿も仕掛けも伸びきっており、食い込む余地なし。
早速の反応にいるぞいるぞと心ウキウキ。
約2mの川底に、岩があるなと思いながら、脇を通すとカツッカツッと引き込むアタリが!
おおーいいねー、ヤマメちゃん!これよこれと嬉しくなりながら反射神経でチョンと合わせる。
8mの竿をたて、弓なりにしならせる。
下流にくだるか?ヤマメちゃん、しゃがみ込み、地面スレスレ、垂直に竿を立て、
長竿のしなやかさでいなす。この瞬間に勝るモノなし!
下流側の緩流帯に乗せると、一息ついて立ち上がり、勝利を確信する。
さてさてどんなサイズかと頭を水面に出そうするや、プチッと針の結び目が・・・。
そういやハリスが細かった・・・。一瞬見えた顔からすると25cmくらいだっただろう。

日頃の忍耐系の釣りからすると、本日この一匹との争いで全て満足してしまった。
目標達成、癒しとはこういうことか・・

怒る鬼の川にて、新緑を背にし、1人微笑。
おそらく
普段の湖では、殺気立った私の延長線上を、唄いながら微笑む鱒族が悠々と泳いでいる。

f0167000_1525527.jpg

[PR]
by rakkyouh | 2009-05-06 00:08


気品溢れる鱒族を求めて。自己満足型随筆集
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
最新の記事
2017 中禅寺初詣
at 2017-04-03 22:08
新潟 荒川の鮭
at 2016-12-11 22:59
アシストフック美学
at 2016-02-20 19:20
過剰な道具と夏の終わりの中禅寺
at 2015-08-30 18:15
ALASKA
at 2015-08-16 17:49
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧