楽響



<   2008年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


カリツォーという響き

その昔、マンガ/セイントセイヤのキグナス氷河が使い、
その技を受けた相手は、それはもう凍てつき、ほんと勘弁して欲しい技である。

この技はいい響きで、雪が舞い、風に襲われる釣行時にふと思い出す。
来春 早期には きっとまた脳裏に蘇るはずである。



一方現在、ぬくぬくと暖房の効いた部屋から、
冷えきった山上湖につながる、落ち葉流れる沢の情景を想像してみることにする。

「おい、あんた、もうすぐ故郷の盆地が見えてくるんだ、頑張るんだよ」

「ふっー、おまえ、デカイんだから俺をささえてくれよ」

「何言ってるんだい、そんなんじゃあ、まわりのチビどもにあたいが
 奪われちまうよ」

「おっと、そいつだけはいけねぇ、長い旅の甲斐がなくなっちまうぜ」

「ちょいとそこの落ち込みを登ればすぐだよ」


一方現在、
来期に向け、着々と脳ミソの器の端まで突くように思考を巡らせ、
自分は選りすぐりの道具を揃える。



幼い頃は、努力すればマンガの必殺技が己の手から出るのではないかと
信じたことがあった。

この頃は、自然のもつ、強風、極寒、雷雨などの必殺技を受け、打たれ、
劇中で悪役に徹するばかりである。

来春もこの身で受けよう、カリツォーを。


f0167000_20364216.jpg

[PR]
by rakkyouh | 2008-11-30 20:37

blue back

♪ 踏み鳴らす 枯色めいた路
  夜明けの 少し早いスコッチ
  
  震える身体を 徐々に火照らす 朝日 
  凍える心を  徐々に火照らす 湖風  

  あぁー 追いかけて あぁー 目にすれど
  あなたの背中を ただ追うのみの私

  つれない人なのね 私まだまだかしら?

♬ 泣けど 涙は あなたに届かない 
  泣けど 涙は 知らぬ間に 例えば青

  流れた雫が あなたの背を 染めるのよ 青に。

♬ (繰り返し)


今一度 哀愁漂うスローテンポでお唄いくださいませ。
[PR]
by rakkyouh | 2008-11-29 00:29


気品溢れる鱒族を求めて。自己満足型随筆集
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
最新の記事
2017 中禅寺初詣
at 2017-04-03 22:08
新潟 荒川の鮭
at 2016-12-11 22:59
アシストフック美学
at 2016-02-20 19:20
過剰な道具と夏の終わりの中禅寺
at 2015-08-30 18:15
ALASKA
at 2015-08-16 17:49
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧