楽響



ALASKA

f0167000_16060503.jpg

現地の車のライセンスプレートには”The last frontier”とある。

行くぞと決め、万全の準備をし、いざ夜のアンカレッジに到着、

深夜、スタッフT氏に迎えられる。しかし、驚くほどに現実味がない。

半年近く前に意を決して予約、これまでの長期に渡る準備期間、

あっという間だ、ほんとに始まったのか?時差ボケの影響もあるのか。

しかし翌朝、宿を出て道中の車窓を眺めれば、その景色の全てがバシバシと脳みそを刺激する。

とにかく、広大、壮大、雄大、巨大、悠然、唖然、

これでもかとパリパリに乾燥した青空の下には、

荒削りの大地、そびえ立つ褐色の山々、始まりの見当もつかない潔白な氷河、

遠くにドンと居座り続ける雪を冠した巨大な山、果てしない緑、緑、緑。

とにかく、目の焦点を遠くにすれば、遥か遥かのかなたまで。

景色は道中、段階を経て変化し、

森林をスポリと抜ければ、褐色の山岳部に入り、その後、見渡す限りの針葉樹林帯となる。

どこもかしこも地球がそのままであり、

そのなかにチョンと線を引いたようなハイウェイがあるのみである。

これまでも多くの景色を見てきたつもりだったが、この地は明らかに一線を画す。

f0167000_15593970.jpg

f0167000_15592793.jpg
f0167000_16000735.jpg

釣りの期間中は絵に描いたような雰囲気を持つロッジに泊まる。

太い丸太で小ぎれいに組まれた外観、

リビングにはオーナーの仕留めたムース、カリブーの角と頭蓋骨の飾り。

テラスの焚き火台、芝生、兎、気のいい人々、云々、

ここは夢の世界のようである。

f0167000_16013368.jpg


さて、アラスカの生き物だが、

グリズリー、ムース、白頭鷲、オオカミなどが代表的。

目に出来たのは、ムース、白頭鷲、ビーバー、カワセミ、狐、ウサギ、リス等。

グリズリーはいないのかと現地人に聞くと、人からは見えず、あちらからは見えている、と。

オオカミに関しては、

12年働いている現地のガイドが、目にしたのは2回だけだそうだ。今回目にするのは難しいだろう。

虫に関しては、蚊、ブヨ、小さな蜂。

蚊は日本のものの1.5倍の大きさがあり、

髪の上、服の上からブスリと刺してくる。刺されても日本のものほど痒くない。

ブヨは2mm程の小さなものだが、夕方現れ、刺す力が強い。跡が残り、痒い。

蜂は1.5cm程で小さく、花アブのようであり、興味津々で人に寄ってくるが、刺さない。

一度だけ、ビールを飲んだ唇に止まった個体があり、

一緒に味わいたかったのか、アゴでカプリと上唇を優しく噛まれた。




さて、さて、

いよいよ人生において緯度の最も高い地点アラスカでの釣り。

本やテレビで憧れるだけだった、遥かかなたの地が、目の前にあり、身体の後ろにもある。


そして、私の鮭鱒類のなかでのターゲットの頂点、キングサーモンである。


ラフティングボートで川を下りながらポイントへ移動する。

朝は冷える。気温は一桁台、温度差により川面が白くたなびく。

f0167000_16002346.jpg




f0167000_16004224.jpg

川は淡いグリーンであり、太く、強く、逞しい。

ボートに揺られながら、やはりここでも周囲の景色に圧倒される。

連なる崖の規模がすさまじく、氷と水の浸食によるランドスライドというものでむき出しになったものだそうだ。

雪解け色の厚い流れの上で揺られていると、なんとも雄大な景色のなかで、時折激しい流れがあるが、多くは

プカリプカリと夢のなかのようであり、悠久、深遠な時間を感じることが出来る。


いざ、

一つ目のポイントに到着、ボートを降りる。

様々なスプーンを準備した。

ただし、スプーンはとてもとても難しいということで、現地の釣り方でトライ。

キングを釣りにきたのであって、釣り方に拘る必要はない。

holeと呼ぶ魚の溜まる場所で、イクラをネットで包んだものを流す。

オモリを底に当てながら、ユックリと底を流す。

(ちなみに根がかりはsnagという)

強い流れだが、底は取りやすい。糸が止まる、合わせる、

フィッシュオン!

瞬間的に全開に、強烈に、これでもかと、鋼のような竿がグニャリと曲がる!

強い流れのなか、キングは下り、激しくジャンプ! パツッ!と、糸が一発で切れる。

なんと、準備した50lbのPEは、全く使い物にならなかった。

ガイドは”だから言っただろう”という表情。

100lbを受け取り、巻き直す。

再開。頭の中は、なんだこの強さは!という感覚。

しかし、釣りの神様か仏様はこの日、微笑み続けてくれた。

その後も掛かる、掛かる。

相手は凄まじい力、暴君、怪物、想像を遥かに超える引き!

ドラグはほぼ全開に締めるよう指示されていた、

流れに乗ると寄せるのが不可能だからだ。

全てが竿の弾力と自分の力で勝負だ。

釣行前日、かかった後の特訓をT氏から受けていた。なるほど、やってもらってよかった!

こんなにすごいのか!凄まじい!

ここにおいて初めて、リールの強さ、竿の強さを知る。

今までの使い方は何だったのか、少し恥ずかしい。

引き寄せ、手前で落ち着いたかと思うと、そこからの破壊的な引き込み!

なかには引きずり込まれる人もいると言う、耐える!

巨大なネットを持つガイドの方へ誘導する。

ザブリと一発、ネットインしたその瞬間の抵抗も衝撃的だ、

ガイドが耐える、そして、ついにキングサーモンとの勝負に勝つ。

キング、キング、キング。


f0167000_16013224.jpg

口吻から頭部、エラにかけては黒く、身体の後部に向かって次第に鮮烈な赤が増す。

長く川にいるものは赤が強く、フレッシュランは色が薄いそうだ。


f0167000_16013246.jpg


今回手にしたキングの大きさはおよそ1m~1m10cm、20lb~30lb程度、

全てリリースしたため正確な計測はなし。




f0167000_16013333.jpg

多くの素晴らしいキングに触れ、見て、感じることが出来た。
ファイトも個体により様々、
根がかりのような停滞のあとに、驚く程の瞬間的な走りをみせたため、
竿の持ち手が煽られ、危うく親指が逆さに折れそうになったこともあった。

f0167000_16013106.jpg




釣りが終わる。

頂点を仕留めた結果、そこにあるのは、感動というか、なんというか、

今これを書きながら思い出しても、夢や幻のような感覚。

もう少し時間が立てば、記憶にようやく固着するかもしれない。あるいは、しないかもしれない。

思い返し、記録し、伝えることで、

固着をより早く、より強烈なものにしたいというのが今現在の状態。

そんな状態であるから、当時において、大物を手にしたときに起こるべき、

手足がプルプル震える感覚というのも、一切なかったのが事実。

f0167000_16013446.jpg


身体が震えるのは現実のなかでしっかりと理想を仕留めた反応、

一方で、

夢や幻のなかで濛々としたまま理想を仕留めた反応とは、

まるで草食動物が四つの胃を使ってゆっくりと反芻するように、

脳みそのなかで、消化するのに時間がかかるものであるか。

また、釣果だけにあらず、はるか遠隔地においての釣りの場合、

その景色、空気、雰囲気、香り、音、手触り、

すべてが消化に時間を必要とし、脳みそ内でグルグルと撹拌されているのだろう。

やはり、

ここまでエラいことになると、ある程度の時間が必要ということだろう。


今回、全行程を通じ、スタッフT氏のお世話になった。

氏曰く

「中毒性があるので気をつけてください」

見たところT氏は間違いなく中毒である。しかも重傷だと思う。

そしておそらくこの病原菌の感染力は強大であろうから、

私ももう…………。

薬として取りあえず、壁に貼ったポスターのKING(Chinook)にバッテンを付ける........。

f0167000_16013593.jpg

この病原菌の名を、”The last frontier”と言うとか言わないとか。


[PR]
by rakkyouh | 2015-08-16 17:49
<< 過剰な道具と夏の終わりの中禅寺 放浪鱒の昔話 >>


気品溢れる鱒族を求めて。自己満足型随筆集
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
最新の記事
2017 中禅寺初詣
at 2017-04-03 22:08
新潟 荒川の鮭
at 2016-12-11 22:59
アシストフック美学
at 2016-02-20 19:20
過剰な道具と夏の終わりの中禅寺
at 2015-08-30 18:15
ALASKA
at 2015-08-16 17:49
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧